山の樹の紹介
 -Natural Garden- 連大植木  〒181-0012 東京都三鷹市上連雀6-32-21
 TEL 0422-43-7713
  FAX 0422-43-7775  e-mail:t-ishii@rendai-ueki.com
 ホーム | ご案内 | お庭のできるまで | 見本園 | おすすめの落葉樹 | おすすめの常緑樹 | おすすめの下草|  おすすめの庭・その他 | 山の樹 | こんな人たちがいます |施工実例 | バラとガーデニングショウ | リンク | 提案 | 更新情報 | メール |

和カマツカ(ウシコロシ)
 インパクトのある名前ですが、由来は、ハンマーなどの柄に使用されていたことや、その幹の粘り強さゆえに家畜類を追い回すのに用いられたことから見たいです。
 花は、可憐に咲き、名前とは程遠く、爽やかな感じがします。

ナツハゼ
 下の写真を見ての通り、東京あたりでも紅葉がとてもよく出ます。
 夏あたりから小さな黒い実を付けます。
 どちらかと、言うと小木で、存在感はばっちりです。
 
実の写真、載せました。

ここでは、当園の特徴である、山の樹を紹介していきます。
山の好きな方は、知っている名前のもあると思いますが、自分成りの解説をつけていきます。
(季節ごとに変化していくので、写真を取り逃がすと、また1年先になってしまうので、許してください。)
徐々に紹介していくので、とりあえず・・・

シラキ
  アオダモのような白く斑な幹を持つ。
  葉は、少し広く透き通った感じ。
  紅葉は、葉の軸からあかく鮮やか!になる。花も載せました。
アズキナシ
 幹肌が茶褐色で白くごま状に模様が出ている。
 紅葉はオレンジ色でそれと同じくらいにやはりオレンジ色のみが垂れ下がる。
 実は私も、アズキナシに出逢って3年目で初めて実を見ることがで来ました!
 来年の紅葉の時期には、全体を写して載せるようにします。(覚えていたら・・・)

オトコヨゾメ
 春、白い桜のようなきれいな花を咲かせる。
 秋には、赤い実をつける。(写真は秋に載せます)

テマリカンボク
 春、白い丸い大きな花を咲かせる。

Top

Home



アオハダの実
アオダモの花
ツリバナマユミ
  細く柔らかい樹で、雰囲気がとても良い。
  春には白い小さな花を咲かせ、秋には赤くなり実がはじける。
  かなりおすすめ!!

カマツカ
 今、まさに花が見頃です。
 バラ科の植物で、白い花が集まって咲きます。ザイフリボク(ジューンベリー)
のような感じ。←(これもまだ載せていなかった・・・)
 秋にはそれが赤く熟し、これもまた綺麗です。←(2001年10月のおすすめに載っています。)

ネジキ
 根元から横に幹が伸びて、そこから上に伸びることから、ついた名前。
 花は、スズランのような吊り下がった白い花で、かわいらしいです。
 幹の色は、薄茶色。
 秋には、綺麗に葉が色づきます。(今秋、撮影予定)

エゴノキ
 比較的、山の樹の中では、一般に知られています。
 茶褐色の幹と素性がよく真直ぐに伸びる樹形。萌芽力が強いのが特徴です。
 白い吊り下がった花を咲かせ、やがてそれは、実になります。
 桃花もありますが、そちらはどちらかというと、あばれる素性のようです。

サワフタギ
 ハイノキのような花を咲かせる。
 落葉樹。

A Back Number


写真や葉っぱをクリックするとジャンプします。

アオハダ
  
アオダモと並ぶ当園の代表種。
  樹のイメージ全体がさらりとしていて、涼しげな感じを出している。
  春(5月初旬頃)に花も咲くが、あまり目立たない。
  花よりも実が楽しめる。夏の暑い時期(8月中旬頃)に赤い実が付くので、かなり目立つ。
アオダモ
  
幹が白く斑に出て美しい。
  春(4月中旬)には、白いかわいい花を咲かせる。
  名前の由来は、枝を切って水につけておくと、青くにごることから。
02/04/13撮影